深煎り

  • ¥ 700
  • コパカバーナとは、先住民族アイマラ族の言葉で「宝石の展望台、湖の眺め」を意味する“コタ・カウアーナ”から由来している。標高約3800メートルにあるチチカカ湖畔の町、コパカバーナ周辺は山に囲まれ、名前の由来通り湖を一望することができ、湖に沈む夕日が非常に美しい事で有名。山々はイ ンカ時代に作られた段々畑で覆われ、今も昔もその姿は変わらない。コパカバーナ農園は町の中心部より北東へ300キロに位置し、アイマラ族の言葉通り眺めの良いセロ・コンドリーリ(コンドリーリの丘)で栽培されている。チチカカ湖よりもたらされる適度な湿度と穏やかな気温がコパカバーナ農園の適度な酸味とコク、甘い香りを持つコーヒーを作り上げる。 国土は日本の3倍を有し、金・銀・錫・石油・天然ガス・リチウムなどの豊富な天然資源を持つが、ラテンアメリカで最も開発が低く貧しい国である。1952年のボリビア革命で行なわれた農地改革により、サンタクルス県を中心とした東部の低地地帯で農業開発が進み、コーヒー、大豆、トウキビ、綿花、バナナなどの栽培が始まった。その後コーヒーはアンデス山脈の北東山麓ユンガス地方へと広がり、現在同国コーヒー生産の95%を占める一大産地となっている。 [地勢・気候] ボリビアの地理は大きく3つに分けられ、国土の30%を占めるアンデス山脈地域、60%を占めるアマゾン熱帯地域、残りの10%がアンデスとアマゾンの中間地域であり、温暖なコーヒー栽培に適した気候である。 [生産状況] コーヒー生産者はフェアトレードや開発援助の助けを借りて有機農法を自ら進んで行ない、質の高いコーヒーを地道に作り上げ、2004年からカップ・オブ・エクセレンスを開催し始めた。二度に亘る農地改革によって誕生した1-8ヘクタールの小規模生産者が作るコーヒーが9割を占めていて、ほとんどが有機栽培のアラビカ種である。 [主要生産地] コーヒーの95%がユンガス産であり、わずかにサンタクルス、ベニ、コチャバンバ、タリハ、パンドなどがある。 [栽培品種] ティピカ、カツーラ、カツアイ、パーカス [品質・格付] オフィシャルなグレードはなく、売り手と買い手の間で取り決められる。 [流通] 国内28の個人農園が輸出の70%を占めており、30%が17の農協である。両者ともボリビア・コーヒー・コミッティー(COBOLCA)に加盟している。輸出先は米国、EU諸国、ロシア、日本。

  • ¥ 800
  • コーヒーは飲みたいけど、カフェインがダメな方にも安心して召し上がっていただけるカフェインを抜いたコーヒー。 妊娠・授乳中の方はもちろん、服薬中でカフェインを止められている方、 夜眠れなくなる方ぜひどうぞ。 中深煎り

  • ¥ 600
  • 独特で個性的な香り、酸味は非常に少なく苦味が主体。 深煎り