• ¥ 700
  • 看板娘の美人三姉妹が手伝うトレスエルマナス農園。 ミゲル・ガンボアが所有するトレス・エルマナス農園は5ヘクタールの小規模農園で、 これまではチェリーを輸出業者に販売していた。 2012年、自分たちが作るコーヒーの品質に自信を持ったミゲルとその家族は、 自分達の育てたコーヒーを自分達のブランドとして栽培から精製、輸出に至るまで一貫して自分達の手で扱う事を決めた。 農園名、トレス・エルマナス農園の意味は日本語で三姉妹農園。 農園名の由来はミゲルと妻ベニグナの間には3人の女の子、長女ヤニーシャ(23)、次女ジョセリン(15)、三女イェルリン(8)。 農園の所在地は首都サン・ホセの南、アセリ地区のセントラル・バレー、 標高1,670~1,750メートル、ラ・レグナ・デ・ロス・ナランホスにある。 品名 トレスエルマナス ハニー 生産国 コスタリカ 地域 サンホセ州アセリー地区ラレグアデナランホス 生産者 トレスエルマナス農園 ミゲル・ガンボア家族 クロップ 17/18 規格 SHB、EP 欠点規格 丁寧にハンドピックしているのでほぼ欠点なし スクリーン スクリーン16アップ 木の品種 カツーラ その他 標高1710メートル、天日乾燥 精製方法 ハニー 開花時期 2017年4月-5月 収穫時期 2017年12月‐2018年5月 船積時期 2018年9月 保管方法 定温倉庫 ロットナンバー 5-942-0007

  • ¥ 700
  • 看板娘の美人三姉妹が手伝うトレスエルマナス農園。 ミゲル・ガンボアが所有するトレス・エルマナス農園は5ヘクタールの小規模農園で、 これまではチェリーを輸出業者に販売していた。 2012年、自分たちが作るコーヒーの品質に自信を持ったミゲルとその家族は、 自分達の育てたコーヒーを自分達のブランドとして栽培から精製、輸出に至るまで一貫して自分達の手で扱う事を決めた。 農園名、トレス・エルマナス農園の意味は日本語で三姉妹農園。 農園名の由来はミゲルと妻ベニグナの間には3人の女の子、長女ヤニーシャ(23)、次女ジョセリン(15)、三女イェルリン(8)。 農園の所在地は首都サン・ホセの南、アセリ地区のセントラル・バレー、 標高1,670~1,750メートル、ラ・レグナ・デ・ロス・ナランホスにある。 品名 トレスエルマナス ハニー 生産国 コスタリカ 地域 サンホセ州アセリー地区ラレグアデナランホス 生産者 トレスエルマナス農園 ミゲル・ガンボア家族 クロップ 17/18 規格 SHB、EP 欠点規格 丁寧にハンドピックしているのでほぼ欠点なし スクリーン スクリーン16アップ 木の品種 カツーラ その他 標高1710メートル、天日乾燥 精製方法 ハニー 開花時期 2017年4月-5月 収穫時期 2017年12月‐2018年5月 船積時期 2018年9月 保管方法 定温倉庫 ロットナンバー 5-942-0007

  • ¥ 6,480
  • 材質 素材: 琺瑯用鋼板(琺瑯加工) コルク サイズ 約幅8×奥行き14.5×高さ12cm、 満水容量400ml(適正容量320ml) 重量 約280g 仕様 直火不可 生産国 日本 2人分のドリップにちょうどいい容量のハンドドリップポット 台湾のデザイナーと日本の工場がコラボレーションしたハンドドリップポットです。ケトルなどで沸かしたお湯を本体に注いでお使いください。手軽なのに本格的な注ぎ心地で、美味しいコーヒーを楽しめます。 ハンドルが無い独特なカタチをしていますが、握りやすいボディを直接つかんでそそげるので、ダイレクトな感覚でお湯の繊細なコントロールが可能です。 日本の工場が培った長年の金属加工の技術を活かし、試作を繰り返して完成した湯口から注がれるお湯は、まっすぐ下にスッと落ちていき、狙った場所にドリップしやすい。小さい口のドリップパックや深いドリッパーにも適しています。 少し懐かしさもあるかわいらしいデザインは、台湾のデザイナーWu氏によるもの。使い勝手もしっかりと考えられており、大きく傾けなくても残らずお湯が出るようにデザインされ、軽く持ち運びもしやすいサイズ設計はドリップケトルを重く感じられる方にはちょうどいい手軽さです。 本体にお湯を注げば、コーヒーを淹れる時の適温になり、コルクと琺瑯の保温性も相まって、温度のコントロールが簡単です。コルクは注ぐときに手が熱くならず、手触りも柔らかい。取り外して本体を洗うことも出来ます。 清潔感のあるホワイト、艶を抑えた風合いが魅力のマットブラック、かわいらしく軽快感のあるペパーミントブルー、落ち着いた色合いのブラウンの4色から、お好みでお選びいただけます。

  • ¥ 3,500
  • 『クワズール』は、『ズールーの地』を意味するズールー語、『ナタール』は、ポルトガル語でクリスマスを意味し、ヴァスコ・ダ・ガマの第1次航海の際、クリスマスの日に停泊したことから名づけられています。かつてズールー族のズールー王国がありました。オランダ系のボーア人が1839年にナタール共和国を建国するも、1843年にイギリスにケープ植民地に併合。ズールー王国も1879年のズールー戦争でイギリス軍に敗れて植民地化。1910年に南アフリカ連邦の1州となりました。1994年、ナタール州からクワズール・ナタール州に名称変更し、現在に至ります。 ビーバークリーク農園は、クワズール・ナタール州のポートエドワードというリゾートタウンにある年間5万人が訪れる観光農園です。1984年に4本のコーヒーの木からスタートし、現在は6万本以上が栽培され、年間生産量は8-12トンあります。農園主のロビーはスコットランド氏族(クミンクラン)の3代目です。スコットランドの氏族は、日本でいうと大名みたいなものです。名門の出ということでしょう。 ◆SPEC 品名 ビーバークリーク 生産国 南アフリカ 地域 クワズール・ナタール州ポートエドワード 生産者 ビーバークリーク農園 GPS : 31 02'39.52S 30 10'56.07"E クロップ 2012 規格 N/A 欠点規格 N/A スクリーン スクリーン18アップ 木の品種 SL28 その他 100%天日乾燥、標高215メートル、年間降雨量1600ミリ、10%シェードツリー、年間生産量8-12トン 精製方法 フルウォッシュド 開花時期 9月-12月 収穫時期 5月-8月 船積時期 2012年12月空輸 保管方法 定温倉庫 ロットナンバー ◆ケネス・デーヴィッズ氏鑑定 AROMA 7.5 ACIDITY 8.0 BODY 8.0 FLAVOUR 8.5 AFTERTASTE 7.5 ADD 50 FINAL SCORE 89.5 ◆官能評価講評 SL28のキャラクターがはっきりと出ている。モミの木、グレープフルーツ、グランベリー、シュガーの甘味。クリスプ、穏やかな酸味、ライトボディのシロップのような口当たり。もし酸味に幅と奥行きが出てくれば、ケニアの上物に匹敵する。

  • ¥ 700
  • 苦味・コク・酸味の調和のとれた すっきりとしていて飲みやすい中煎りのブレンド 食事中や、あっさりとした食事の後に

  • ¥ 700
  • しっかりとしたボディ感の後に やわらかな甘味が通り抜け、 口に広がるさわやかさが心地よい。

  • ¥ 700
  • 苦味・コクを強調しながらも、しっかりとした甘味をもつ深煎りのブレンド。 味付けの濃い食事や、油分の多い食事の後に

  • ¥ 700
  • 爽やかな苦みが優しい甘さに包まれ、満たされる

  • ¥ 750
  • コーヒーは飲みたいけど、カフェインがダメな方にも安心して召し上がっていただけるカフェインを抜いたコーヒー。 妊娠・授乳中の方はもちろん、服薬中でカフェインを止められている方、 夜眠れなくなる方ぜひどうぞ。 中深煎り

  • ¥ 550
  • 20農園が生産するロットの中から、 「重量感のある甘味を持つ」ものを選定ブレンド。 ナッツ、チョコレートのようなフレーバーと、フルーティーさを持ち合わせ、 クリーンなボディー感で、甘味が口に広がります。 ゆっくりしっかり成熟した上質なコーヒーです。 ブラジルらしい風味に加えて、甘いカラメル香の素をたっぷりと含んでいます。 中煎り

  • ¥ 550
  • 「サンアグスティン」はウイラ県のサン・アグスティン村の契約農家にて栽培されております。 村を取り巻くマグダレナ川流域はコロンビアのミシシッピとも呼ばれており、 2つのアンデス山系がぶつかりあう中心にあります。 標高1,800m以上の肥沃な土地にコーヒーが栽培されています。  「サンアグスティン」は契約農家に栽培を依頼し、赤い完熟のチェリーだけを選別して収穫しております。 収穫後水洗処理が施され、ゆっくりと天日乾燥されています。 芳醇で柔らかく、コクのある味わいが広がります。 中煎り

  • ¥ 550
  • 独特で個性的な香り、酸味は非常に少なく苦味が主体。 深煎り

  • ¥ 600
  • Benefico Santa Rosa社は、2005年設立の比較的新しい輸出業者です。 仲買人を通さず、大中規模農園や指定農協から直接買い付けることにより、 品質の均一化を実現しました。 精製工場兼、倉庫は標高1200mの高地に所在。 低温かつ低湿な場所で船積み直前まで断熱材が張り巡らされた倉庫内で 細心の注意のもと保管されます 中煎り

  • ¥ 600
  • 世界遺産に認定され、歴史的モニュメントが立つ有名な町「アンティグア」。 グァテマラでは最も古く、1700年代には既にコーヒー栽培が始まっていました。 大部分が山間地という地理条件、寒暖の差、ミネラルを多く含んだ石灰質土壌といった条件が重なり、良質のコーヒーが栽培される事で有名な地域です。 「ポルタル農園」は、アンティグア地区で最も古い歴史のある農園のひとつです。 アンティグア特有のボディを伴った酸味、そして軽やかな香りとバランスのとれた味が特徴です。 中煎り

  • ¥ 600
  • 年間1200ミリを超える豊富な雨、キリマンジャロの火山活動で積み重なった肥沃な火山灰土壌。コーヒー栽培に理想的な土地で栽培されています。 大粒の最高級グレード<AA>を超越した<AA++グレード>のコーヒー。 甘い香りとスイートなテイスト、濃厚なコク、すっきりとした後味が特徴です。 中煎り

  • ¥ 700
  • 大自然が点在する大地スマトラ島の神秘の湖 "Tawar"。 肥沃な土壌とコーヒー栽培に最適な天候に恵まれ大粒の 「マンデリン スーパーグレード」が誕生しました。 コーヒーチェリーは丁寧に手摘みされた後、丸一日天日乾燥し脱穀。 さらに2日から3日をかけて天日乾燥を行い水分を13%以下に調整します。 ススクリーンサイズは6.5mm以上に整え、4回のハンドピックが行なわれます。 豆のサイズは大粒で香りも高く、豊かなコクがあります。 甘味・苦味・酸味のバランスが素晴らしい逸品です。 「マンデリン スーパーグレード」が醸し出す独特の味わいとボディ、そして存在感をお楽しみ下さい。 中煎り

  • ¥ 750
  • 厳しい品質管理のもとに精製され、高品質を誇ります。大部分が非水洗式であるエチオピアコーヒーの中で「イリガチャフ G-1 コチャレ」は高く評価されています。 味のバランスとコクに優れ、果実のような甘酸っぱい味わいです。 中煎り

  • ¥ 550
  • マイルドな飲みやすい中煎りのブレンドです。 バランスよいブレンドで毎日でも飲みたくなるコーヒーです。

  • ¥ 550
  • ほろ苦い深煎りのブレンドです。 少し中煎りの豆をブレンドしていますので、 苦いだけではない味わいのあるブレンドです。

  • ¥ 600
  • 朝に飲みたいスッキリした中煎りのブレンドです。

  • ¥ 700
  • エチオピアモカをベースにした中煎りのブレンド。 モカの特徴をしっかり残しつつ、酸味に幅を持たせ飲みやすいながら しっかりとした酸味を味わえるブレンドコーヒーです。

  • ¥ 1,750
  • いろいろ試してみたいあなたへ・・・ 当店のストレートコーヒー全種類、計11袋があなたのもとへ届きます。 *箱には入っていません

  • ¥ 950
  • いろいろ試したいあなたへおすすめです。 当店自慢のブレンドコーヒー6種類があなたのもとへ届きます。 *箱には入っていません

  • ¥ 1,980
  • 贈り物に最適なドリップパックのセットです。 ストレートコーヒー2種類が7袋づつ入った詰め合わせです。